スポンサーサイト

HTMLとは

HTMLは、エイチティーエムエルと読み、「HyperText Markup Language」の略語です。 HyperText Markup Languageとは
そのまま日本語に訳すと、「ハイパーなテキストのマーク付けの言語」となり、全然意味が分からないと思うので、噛み砕いて説明します。
HyperTextとは
テキストをマウスでクリック、またはマウスオンすると何らかの動き(例えばリンクをクリックするとリンク先へ移動するなど)を持つテキストの事で、普通の文章を超えているので「ハイパー」と呼ばれています。
Markupとは
「マーク付け」(Markup)は、そのテキストを、例えば「見出し」だという事などとブラウザに判断させる為に「マークを付ける」という事です。
Lauguageとは
「言語」(Lauguage)は、マーク付けの規則の事を言います。日本語、英語などの言語とは違います。

つまり、HTMLは「サイト内でのマーク付けの決まり(=規則)」という意味です。
あるテキストを強調させたい時に使う<strong>強調させるテキスト</strong>は、「テキストを強調させるタグ(=マーク)」という事になります。

トップ>記事内で使うHTML講座>HTMLとは

次のキーワードを検索:[HTML]

前後の記事

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。