スポンサーサイト

推奨されない要素について

現在、FC2でダウンロード出来るテンプレートのHTMLバージョンの多くはHTML4.01 Transitionalです。 まず、HTMLのバージョンについて説明します。テンプレートHTML内を見ると、まずはじめに<!DOCTYPE~>という記述がある事が分かります。DOCTYPEは「Ducument Type Definition」の事で、文書型の定義という意味です。HTMLは全てこの定義に基づいて作成されています。
HTML4.01 Transitionalでは、推奨されないとされている要素が使用できてしまいます。その為、使用できないバージョンで作られたテンプレートに変更すると、記事が正常に表示されない場合があります。これは、推奨されない要素を使用して記事を投稿していた場合に起こります。
推奨されない要素の例として、<font color = "#******">というものがあります。エントリー投稿画面のツールにもあるように、パレットのようなものから色をクリックすると<font color = "指定した色">となりますが、実はこれは推奨されないとされている要素なのです。しかし殆どのテンプレートでは正常に表示されます。それでいいとされる方はこれからもこれらの要素を使い続けても問題はありません。使用できるテンプレートを使い続ければ良いだけです。
しかし今後、推奨されない要素を使用出来ないテンプレートは徐々に増えていくと思われます。その場合、記事が思ったように表示されなくなったりする場合があります。それを避ける為にも、推奨されない要素は使用しない方が良いでしょう。
それらの多くは体裁を整える為のものです。文字に色をつけたり、テキストと画像の配置を決めたり・・・それら全てスタイルシートに任せる事がすすめられています。
なお、推奨されない要素として「*」をテキストの右に記述しています。御参考下さい。

トップ>記事内で使うHTML講座>推奨されない要素について

前後の記事

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。