スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

管理者にだけ表示を許可する

パンくずリストをFC2ブログで再現-リスト2解説-

(全3回中3回目)

⇒構造編
パンくずリスト1解説
パンくずリスト2解説

第一回をまだ見ていない方は先にそちらをご覧下さい。 今回は、パンくずリスト2を解説します。今回実現するのは

トップカテゴリ名記事タイトル

の部分です。使用する変数は
  1. <!--permanent_area-->:固定リンク画面(blog-entry-x.html)の時のみ表示
  2. <%topentry_category_link>:その記事が属するカテゴリーURLを表示
  3. <%topentry_category>:その記事が属するカテゴリー名を表示
  4. <%sub_title>:記事タイトルなどを表示。テンプレート内のどこでも使用可。
の4つです。パンくずリスト2は、固定リンク画面(記事表示画面、URL末尾が(/blog-entry-xx.html)の時のみ表示されます。
ソース

<!--permanent_area-->
<a href = "./">トップ> <a href="<%topentry_category_link>"><%topentry_category></a>> <b><%sub_title></b>
<!--/permanent_area-->

<!--permanent_area-->で囲うと、囲われた部分は、固定リンク画面でしか表示されません。
<a href = "./">:"./"と記述する事によりトップページURLを所得。
<%topentry_category_link>:その記事が属するカテゴリーURLを所得。
<%topentry_category>:その記事が属するカテゴリー名を表示
<b><%sub_title>:記事タイトルを表示
ソース(日本語)
<!--固定リンク画面の時(ここから)-->
<a href = "トップページURL">トップ> <a href="<カテゴリーURL>"><カテゴリー名></a>> <b><記事タイトル></b>
<!--/固定リンク画面の時(ここまで)-->
ソースを記述する場所は
<!--topentry-->~<!--/topentry-->
で囲まれた部分のみです。囲まれた部分であればどこにでも記述できます。

以上でパンくずリストの解説は終了です。FC2独自ブロック変数で出来る例としても挙げる事が出来たのではないかと思います。いろいろ応用して、もっとFC2ブログを使いこなしましょう!
(全3回中3回目)

⇒構造編
パンくずリスト1解説
パンくずリスト2解説

前後の記事

最近の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/tb.php/260-c41998c8


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。