スポンサーサイト

FC2ブログ・独自タグ解説とリンク集

FC2ブログのテンプレートには一般的なHTML構文の他に、FC2でのみ使える独自タグというものが埋め込まれています。この独自タグがある事でブログとしての機能が成り立っている反面、カスタマイズの難しさも増しています。

独自タグは、ブロック変数と単変数に分かれています。ブロック変数は主にエリアに使われ、「条件」を表します。単変数には特定のブロック変数内でのみ使えるものと単体で使えるものがあります。実際に値が格納されるのは単変数のみです。全てのブロック変数は<!--と-->に囲まれ、単変数は<%と>に囲まれて機能します。

例えばエントリータイトルのみをループさせて表示させるには、ブロック変数の<!--topentry-->、単変数の<%topentry_title>を用います。

  1. <!--topentry-->
  2.  <h2><%topentry_title></h2>
  3. <!--/topentry-->

上記のコードだけで設定した表示分だけ、記事タイトルが並んで表示されます。実はテンプレートタグはこれと同じような動作をするものを組みあわせているだけです。基本的な構造のテンプレートを作るのは、理解すれば実はとても簡単な事なのです。

どこでも使える単変数

  • 以下の単変数は、テンプレートHTML部分のどこにでも記述可能です。
  • <%ad>
    削除禁止。テキスト広告が表示される。
  • <%ad2>
    削除禁止。テキスト広告が表示される。
  • <%css_link>
    テンプレートのスタイルシートへのリンクが入る。通常はヘッダー部分に記述される。
  • <%url>
    ブログのトップページへのURLが入る。<a href = "./">と同じ。
  • <%blog_name>
    ブログタイトルが入る。
  • <%sub_title>
    ブログのサブタイトルを表示。表示されるテキストはモード毎に異なる。
    1. トップページ:なし
    2. パーマネントエリア:記事タイトル
    3. カテゴリーエリア:その記事のカテゴリー名
    4. アーカイブエリア:年月
    5. サーチエリア:検索語句
  • <%introduction>
    ブログ紹介文を表示。
  • <%author_name>
    管理者名を表示。
  • <%pno>
    記事Noを表示。
    1. この記事の場合:
    2. http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/blog-entry-274.html
    3. 記事Noは274になる。
  • <%eno>
    記事Noを表示。コメント編集時に必須。<%pnp>と表示は同じ。
  • <%cno>
    カテゴリーNo.を表示。
    1. 例えばhttp://fc2blogshop.blog13.fc2.com/blog-category-5.htmlというカテゴリの場合:
    2. <%cno>は5である。
  • <%image>
    プロフィール画像のURLを表示する。
  • <introduction2>
    管理人のプロフィールを表示する。管理者ページ → プロフィールの説明の内容。
  • <%ad>,<%ad2>
    削除禁止タグ。テンプレート内のどこにでもこのタグが記述されていればエラーにならない。記述されていない場合は保存出来ない。
  • <%prev_month_link>
    前の月のアーカイブリンクを表示する。
  • <%next_month_link>
    次の月のアーカイブリンクを表示する。
  • <%prev_year>
    前の月の「年数」を表示
  • <%next_year>
    次の月の「年数」を表示
  • <%prev_month>
    前の月の「月」を表示
  • <%next_year>
    次の月の「月」を表示

前後の記事

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。