訪問者履歴とアクセス数

訪問者履歴は、ブログ設定で履歴を残すにしている状態でFC2ユーザーのブログに訪問すれば、そのユーザーの履歴に表示されます。ユーザー間の交流が広まれば、という意図での事だと思いますが、これがアクセス数に影響するのか。

みんな知ってる「足跡残し屋さん」

2つ以上ブログを運営されている方ならば皆知っているのではないでしょうか。ずっと運営していたブログに定期的に訪れるユーザー。きっと読者になってくれたんだなと思えば、嬉しくなります。ある日、ふともう一つブログを開設したくなり、運営していたブログにはリンクを貼らず開設。ログインしたと同時に足跡履歴が。しかも、読者だと思っていた方、という事が多い。

たまたま、という事もあり得ますが、3つ目のブログも同じIDで訪問された、という場合は、その方は9割がた足跡残し屋さんです。

大幅アップは出来ないとしても

一時的なアクセスは増えるんでしょうね。ほぼ一ヶ月毎にアカウントをとってブログを開設しているのですが、まだ何も投稿していないのに、同じIDのユーザーが訪れます。1ヶ月後も、そのまた一ヵ月後も。

多分半年くらい「足跡残し」を続けている方がいるくらいです。成果が無ければ、そんなに続かないでしょう。きっと数百という履歴ではアクセスはそれ程上がらないとしても、プログラムなどで一日に何千というブログに足跡を残せば、その何割かは足跡からアクセスされるのでしょうね。トラフィックエクスチェンジツールを使ってアクセスランキングを操作する事よりも、よっぽど恩恵があると思います。どちらも一時的なアクセスという事には変わり無いのですが。

前後の記事

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。