スポンサーサイト

トラックバックリスト部分

受信したトラックバックを並べて表示する部分の記述をします。構造はコメントリスト部分と同じです。トラックバックタイトルを表示させ、下にトラックバック本文、そしてフッターとして投稿時間と投稿者を表示させます。

スタイルシート部分

.tbtitle {
      background-color: #dcdcdc;
      border: 1px solid #999999;
}

HTML部分

        <div class = "content">
          トラックバックURL:<%trackback_url>
        </div>
      <!--trackback-->
        <div class = "tbtitle">
          <a name="trackback<%tb_no>"><%tb_title></a>
        </div>
        <div class="content">
          <%tb_excerpt>
          <div class="tbfooter">
<%tb_year>/<%tb_month>/<%tb_day>(<%tb_wayoubi>)
 <%tb_hour>:<%tb_minute>:<%tb_second> | <a href = "<%tb_url>"><%tb_blog_name></a>
          </div>
        </div>
      <!--/trackback-->
   <!--/trackback_area-->

スタイルシート部分

.tbtitleでトラックバックごとのタイトル部分のスタイルを指定しています。背景を灰色(#dcdcdc)にし、枠線のスタイルも指定しています。

HTML部分

今回使用するFC2変数

  • <!--trackback-->・・受信したトラックバックを繰り返し表示
  • <%tb_no>・・Noを表示。後に右メニュー部分で移動先に指定する為に使用
  • <%tb_title>・・受信したトラックバックのタイトルを表示
  • <%tb_excerpt>・・本文の要約を表示。
  • <%tb_year>・・送信された「年」を表示
  • <%tb_month>・・送信された「月」を表示
  • <%tb_day>・・送信された「日」を表示
  • <%tb_wayoubi>・・送信された「曜日(漢字)」を表示
  • <%tb_hour>・・送信された「時間」を表示
  • <%tb_minute>・・送信された「分」を表示
  • <%tb_second>・・送信された「秒」を表示
  • <%tb_url>・・送信元のURLを表示
  • <%tb_blog_name>・・送信元ブログタイトルを表示

<!--trackback-->

<!--trackback-->~<!--/trackback-->内に記述した内容が受信したトラックバックの分だけ繰り返し表示されます。

<a name="trackback<%tb_no>"><%tb_title></a>

右メニュー部分で新着トラックバックリンクをクリックするとそのトラックバックの位置まで移動する為にname属性に名前をつけています。

ゼロから創るテンプレートトップ

  1. 記事フッター部分
  2. RDF部分
  3. コメントエリア
  4. エントリーナビゲーション
  5. コメントリスト部分
  6. コメント投稿フォーム
  7. コメント編集フォーム
  8. トラックバックURL表示
  9. トラックバックリスト部分
  10. ページナビゲーション部分
  11. left(記事フッター部分~left終わり)ソース

前後の記事

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。