スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

RDF部分

全てのテンプレートに共通して記述されているソースの1つであるRDF部分。そもそもRDFというのは何でしょうか。RDFというのは、1つの言語であり、そのブログの概要を表します。RSSは、「RDF site Summary」という略で、このRDFという言語を使用してブログを要約しています。そしてその要約文をRSS受信サイトなどに投稿時間や記事タイトルと共に送信しています。下の記述でその要約を記事ごとに用意し、送信します。RSSへのリンクをクリックした時、よくわからないコードが表示された経験があると思います。ここではRDFについて簡単に解説します。

#trackback">トラックバック (<%topentry_tb_num>)</a>
      <!--/allow_tb-->
      <!--deny_tb-->
        |トラックバック(-)
      <!--/deny_tb-->
  </div>
</div>
<!--
<rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
xmlns:trackback="http://madskills.com/public/xml/rss/module/trackback/"
xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
<rdf:Description
rdf:about="<%topentry_link>"
trackback:ping="<%url>tb.php/<%topentry_no>"
dc:title="<%topentry_title>"
dc:identifier="<%topentry_link>"
dc:subject="<%topentry_category>"
dc:description="<%topentry_discription>"
dc:creator="<%author_name>"
dc:date="<%topentry_year>-<%topentry_month>-<%topentry_day>T<%topentry_hour>:
<%topentry_minute:<%topentry_second>+09:00" />
</rdf:RDF>
-->
<!--/topentry-->

rdf:about="<%topentry_link>"

RSSのURLを(その要約がどの記事についてかを表示)しています。<%topentry_link>はFC2変数で、その記事へのリンクを表示します。

trackback:ping="<%url>tb.php/<%topentry_no>"

その記事のトラックバックPingを表示します。<%url>はそのブログのURL、<%topentry_no>はその記事Noを表示します。

dc:title="<%topentry_title>"

概要の対象となる記事のタイトルを表示します。FC2変数の<%topentry_title>でその記事のタイトルを表示しています。

dc:identifier="<%topentry_link>"

identifierに<%topentry_link>(その記事のURL)を設定する事により、その概要のリンクを所得しています。

dc:subject="<%topentry_category>"

その記事のカテゴリを示しています。カテゴリ名は、FC2変数である<%topentry_category>を使用して所得しています。

dc:description="<%topentry_discription>"

その記事の概要を表示します。FC2変数の<%topentry_discription>で本文の要約200文字を表示します。追記部分に記述した内容は表示されません。

dc:creator="<%author_name>"

その記事を作成した人(ブログ運営者)の名前を表示します。FC2変数の<%author_name>で運営者名を所得しています。

dc:date="<%topentry_year>-<%topentry_month>-<%topentry_day>T<%topentry_hour>: <%topentry_minute:<%topentry_second>+09:00" />

その記事を投稿した年・月・日・時間・分・秒を所得しています。それぞれFC2変数を使用して所得しています。+09:00で日本のタイムゾーンに設定しています。環境設定の変更>タイムゾーンで+9以外にしている方は、この部分を設定している通りに書き換える必要があります。

これで記事部分は終了です。といっても、left部分に記述しなければいけないものはまだあります。次回からはコメントリスト表示や、コメント投稿部分、トラックバックリスト、トラックバックURLの表示をするためのソースを追加します。

ゼロから創るテンプレートトップ

  1. 記事フッター部分
  2. RDF部分
  3. コメントエリア
  4. エントリーナビゲーション
  5. コメントリスト部分
  6. コメント投稿フォーム
  7. コメント編集フォーム
  8. トラックバックURL表示
  9. トラックバックリスト部分
  10. ページナビゲーション部分
  11. left(記事フッター部分~left終わり)ソース

前後の記事

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。