スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

管理者にだけ表示を許可する

FC2のスパム制限に期待

FC2インフォメーションで公開された情報ですが、トラックバックスパムの制限機能が強化されるようです。 トラックバックスパムというのは、トラックバック機能を用いてブログに記事とは無関係なトラックバックを宣伝目的で無差別に送信し、管理人または閲覧者にアクセスを誘導する行為で、最近FC2ブログ内で増加傾向にあったようだ。

幸い、このブログにはそれ程送られてきていないが(といっても時折送られてくる。即削除⇒禁止設定)ジャンル・内容によってはかなりの数を送られてきている方もおられる。

そこで、今回FC2側で新たな制限を設けるようだ。
・一部ジャンルに於いてのトラックバック数の送信制限
・トラックバックを受信する際のリンク先の確認
・ユーザー/システム上でのトラックバック受信制限
・他社ブログとのスパムに関する情報交換

FC2インフォメーション
一部ジャンル、というのは多分アダルトジャンルであろう。トラックバックスパムのほとんどがアダルトジャンルからだそうだ(もちろんスパム行為をしない方が殆ど)。さて、ここで注目してもらいたいのは2項目目に挙がっているトラックバックを受信する際のリンク先の確認だ。これは、FC2側が自動で確認するのか、それとも管理人が受信する際、一時ストックされた状態で確認後受信できるのか。私は後者を期待するのですが、これが出来るようになればほぼ全てのTBスパムを弾く事が出来るでしょう。記事と無関係のトラックバックも弾く事が出来る。

また、この機能はコメントにもつけれるようにしてもらいたい。トラックバックスパムが多いといっても、コメントスパムも充分多い。以前掲載したみんなのプロフィールを騙るコメントスパムではデザインを崩される場合だってある。
また、荒らし、嫌がらせ対策にも有効になるでしょう。

このような機能が実装される事を強く願う。

前後の記事

最近の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/tb.php/402-9a7d0324


コメント

BY sugar AT 2005/07/30 edit this comment
こんにちは。

一般カテゴリーのブログへのアダルトジャンルからのトラックバックは明らかに迷惑と分かりますが、それ以外に、私が書いた困惑トラックバックのような例もあります。
これは技術的にはねることができない、モラルの部分ですね。
ここをご覧になっている方々はそんなことはないと思いますが、アフィリエイトブログでとにかくアクセス数アップしたいがために困惑/迷惑トラックバックを送っているケースもあるようです。

でも、地道に読ませる記事を書いているところからなら買いたいと思うかもしれないけれど、そういうところはたとえ商品が気に入ったとしてもそこからは買いたいという気持ちにはなりませんよね。それは「訪問者のことを想う」気持ちが抜けているから。

お互い気持ちよくおつきあいできるようにいたいものです。
BY bonk AT 2005/07/30 edit this comment
こんにちは。
いくら受信許可/不許可設定がその都度出来たとしても、受信すべきかしないべきか、困惑する場合もあるかもしれませんね。

私の場合は、送信元を確認し、多数の方へ送信されているようであれば削除します。多分削除しても気にも留められないでしょうし、第一送信後に確認しに来るかもこの場合は疑わしいものです。
しかし自分のみにトラックバックしている場合(リンクは貼られていない・そこまで関連していない場合)かなり困惑するでしょう。
こればかりは、機能云々ではないですね。

アフィリエイトブログの場合、そういう使い方をしているケースもあるようですね。
でもそんな使い方をせずとも、大切にブログ運営していればアクセスは伸びるでしょうし、困惑/迷惑トラックバックでアクセスは増えても通行量だけが増えるだけでしょうね。
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。