スポンサーサイト

スタイルを指定する範囲

指定する範囲は、大きく分けて2つあります。1つは改行せずに他の文字と混ぜて使用する「インラインレベル」と呼ばれるもので<span>を使います。
もう1つはまとまった範囲を指定するもので、前後に改行が入る「ブロックレベル」と呼ばれ<p>を使います。
<span>の使用例
スタイルシート部分
.backred{color:#ffffff;background: #ff0000}
記事部分
<span class = "backred">赤色のテキスト</span>をインラインレベルで表示させます。
表示
赤色のテキストをインラインレベルで表示させます。

<p>の使用例
スタイルシート部分
.boxsilver {
border:1px solid #000;
background:#cccccc;
padding:5px;
}
記事部分
<p class = "boxsilver">これはブロックレベル要素で、前後が改行されます。
囲まれた部分がまとまって表示されます。</p>
表示

これはブロックレベル要素で、前後が改行されます。
囲まれた部分がまとまって表示されます。


次のキーワードを検索:[スタイルシート]

前後の記事

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。