スポンサーサイト

アフィリエイト用HTML講座

<strong>テキスト</strong>

strongで囲まれたテキストは強調されます。表示は<b>の場合と同じですが、検索エンジンにも「このテキストは強調されている=重要」とみなされ、検索結果順位を決める1つの要素となります。ただ、多用は禁物。どれが重要か分からなくなり、結局どれも重要視されない事になります。1記事に2、3個程度にしておきましょう。

<del>テキスト</del>

delに囲まれたテキストは打ち消されます。(真ん中に線が入る)例えば商品定価が2,0000円で、1,7000円に値下がりしている場合に「2,0000円⇒1,7000円」などとして使用されます。

<big>テキスト</big>

bigに囲まれた文字は他の文字よりも大きく表示されます。視覚的に強調させたい時に使われます。

<small>テキスト</small>

smallに囲まれた文字は他の文字よりも小さく表示されます。あまり目立たせたくない文章や(実は大きい文字よりも逆に読まれたりする)スペースの問題などがあった時に使われます。

<a href = "値">テキスト</a>

テキストのリンクを設定しています。これは各ASPごとに生成されるもので、自分で記述する必要はありません。生成されたものをコピーして任意の場所に貼り付けるとアフィリエイト・リンクの完成です。

<a href = "リンク先URL"><img src = "画像URL"></a>

画像にリンクが張られているタイプです。テキストの代わりに画像を表示させる要素を記述しています。

<a href = "値" target = "_blank">テキスト又は画像</a>

上記のリンクとの違いは、ウィンドウが別窓で表示される事です。多くのASPではこのリンク方法がとられています。

トップ>アフィリエイトをはじめよう!>アフィリエイト用HTML講座

次のキーワードを検索:[アフィリエイト][HTML]

前後の記事

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。