スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

管理者にだけ表示を許可する

過去ログを家宝にする

トップページの新着記事から消えた過去に書いた記事について。

ブログにおける過去ログ

過去ログは「過去の記録」の事で、ブログ以外にも掲示板、メールマガジンの過去の記録に対して呼ばれます。その中でも一番過去ログの参照率が低いとされているのがブログです。

ブログの機能には過去ログを参照する為の機能が実装されています。「カテゴリ」「ブログ内検索(FC2)」「カレンダー」「月別アーカイブ」これら全て過去ログを読む為にあります。しかし、これらの機能を上手く使わないと本当に最新記事にだけ価値のあるブログになってしまいます。

過去ログが参照されない理由

その理由については、ミズノさん(ブログ向上委員会)がブログの過去ログはなぜ参照されないのかで、ミズノさんの「先入観、決め付け」で書いているとあるが、まさに一理あると思います。少し記事から言葉を拾います。

  • 情報は新しいほうに価値があるという先入観
  • 情報は時間と共に劣化する

この先入観を持っておられる方は多いのではないでしょうか。閲覧者側が、情報は新しい方がいい。だから過去ログは必要ない、という考え方を持つ事。この考え方が間違っているのでは無く、そう思わせたブログに問題があると思います。もちろん最初から過去ログを読まれないつもりで書いている場合や、本当に最新記事に価値がある場合(ニュース系など)は問題があるとは言えませんが、ミズノさんが仰るように「そのブログの書き手は休む事なく情報を発信しなければいけなくなる(少なくてもアクセスを求め続けるとなると)。終わりのない更新作業。」は覚悟しなければいけません。投稿間隔が少しでも延びると途端にアクセスが減るのもこのパターン。過去ログは読まれない訳ですから、新着記事を全て読まれたら訪問する必要が無くなってしまうからです。

過去ログを読まれる為の準備

先ほど述べたように、過去ログを参照する手段「カテゴリ」「ブログ内検索(FC2)」「カレンダー」「月別アーカイブ」をしっかり整理する、もしくは目にとまる場所に配置する必要があります。ただ全て採用する必要は無いと思います。私はカレンダーを使っていません。勿論カレンダーは過去ログを読まれる為、更新頻度をチェックされる為に有効ですが、これは個人的に使用していないだけです。

この中でも一番利用頻度が高いのが「カテゴリ」でしょう。項目数ですが、記事数とのバランスが大事です。1,000記事あるのにカテゴリが2つでは大変ですし、10記事でカテゴリが10項目も(場合によっては有効だが)整理されているとは言い難いです。ちなみにこのブログにはカテゴリが53項目ありますが、表に顔を出すのはその中の20項目です。カテゴリを全て見せるとこんな感じになります→デフォルト

過去ログを読まれる為に工夫をする事が読まれる為の第一歩です。ちょっとした工夫で断然過去ログを参照される回数が増えるでしょう。

次回に続く。一話完結になりました。

その記事が必要とされる日が来るかもしれない

記事を投稿し、新着記事に並んだ。当初は需要が全くなくても、数日、時には数ヶ月経ったある日、その記事が引用、紹介されていた、なんて事はよく起こる事です。人によってその記事が必要となる時期はバラバラです。昔読んだ覚えがある記事から引用したいが・・・。さて、どこにあったかな?という場合に使われるのが何度も言いますが「カテゴリ」「ブログ内検索(FC2)」「カレンダー」「月別アーカイブ」です。この場合はブログ内検索が多く使用されるでしょう。需要がある時。過去ログ達はその時を常に待っています。カテゴリ名、キーワード、投稿日という目印を付けて。

彼らはあなたのブログの土台を築き上げてきた功労者であり、宝物です。

関連記事

前後の記事

最近の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/tb.php/611-2f42f2fa

過去記事と検索エンジン
メルマガ、掲示板、ブログなどのなかで、もっとも過去記事が参照されにくいのはブログだそうです。「過去ログを家宝にする」にトラックバック昨日から、ネットサーフィンを

コメント

BY kilua AT 2005/08/28 edit this comment
こんにちわ。いつも訪問させていただいてます。
(コメントは、あまりしてないですが)
申請&情報、有り難うございます。読まさせていただきました。いま、承認いましました。kiluaもこちらのランキングに申請を出しましたのでもしよろしければ承認おねがいします。
BY bonk AT 2005/08/28 edit this comment
こんばんは。こちらこそありがとうございます。ランキング承認しました。まだまだ利用者数は少ないようですが^^;どんどん増えればもっと盛り上がるでしょうね。
BY 西宮侑里 AT 2005/11/13 edit this comment
はじめまして、TB貼らせていただきました。
ここのコラムは参考になりますね。

それでは^^
BY bonk AT 2005/11/13 edit this comment
「過去記事と検索エンジン」読みました。
個人のレベルでは検索エンジンに依存は出来ないというのはごもっともです。
アフィリエイトの物販系では個別ページよりもトップページへのアクセスが多いというのは考え直さなければならない所だそうですが、このブログのように、テキスト系ブログでは、トップページのアクセスが一番多いもの。そこから
過去ログへのアクセスを工夫しなくては埋もれてしまいますよね。
ただ過去ログを読んでもらうようにカテゴリーを工夫するだけでなく、本当に読んでもらいたいものをピックアップすると、例えば 西宮侑里さんが記事に気づいて下さって、それを元に記事が出来たという事でも、かなり成果があったと思います。
BY ねお AT 2007/03/10 edit this comment
ショップを行っています。宣伝のため日付を必要としません。ホームページ上で削除方をお知らせ下さい。
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。