スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

管理者にだけ表示を許可する

検索エンジンは追いかけない

変わることの無いアクセスアップ法と変化の激しいアクセスアップ法について。前者が変われば、私は動きます。でも後者が変わっても、こちらも動かなければいけないのでしょうか。

アクセスアップのための方法として、
「内容の充実化」
「デザインの向上」
「ユーザビリティの向上」
「SEO」
などが挙げられます。
上記3つは普遍的なもので、いつの時代でもそれらができていれば、アクセス数は着実に向上すると思います。しかし、一番最後の「SEO」。これだけに頼っていると、末恐ろしいことになるような予感がするのです。
現在通じているSEOが、数年後には全く通じなくなるかもしれませんし、そもそもSEOも何もなくなってしまうこともあるかもしれません。(万が一の話ですが)

つまり変わる事の無いアクセスアップ法というのは、「内容の充実化」「デザインの向上」「ユーザビリティの向上」、変化の激しいアクセスアップ法は「SEO」という事になります。
今のSEO、検索エンジン最適化という技術も、日々変化しています。管理人さんが懸念されている通り、今通じているSEOが数年後には全く通じない可能性は多いにあるでしょう。
ではどうするか。

  • 同記事より
SEOだけに頼らず...あるいは、 変わり続けるSEOに、常にアンテナを張り続ける必要があると 改めて感じました。

変わりつづけるSEOに常にアンテナを張り続けるというのには少々無理を感じます。各記事にSEOを施している場合、不可能でしょう。当時はバリバリSEOチューニングだったのが、しばらくするとスパムとしかみなされない事もしばしばあるようです。

私は、検索エンジン対策はほぼしていません。検索エンジンからの訪問も特に期待していません。変わる事の無いアクセスアップ法、「内容の充実化」「デザインの向上」「ユーザビリティの向上」に頼って今まで運営を続けています。検索エンジンで上位に表示されるWebサイトがこれらの要素に基づいる以上、本来追いかけてくるはずの検索エンジンを追いかける必要は無いでしょう。

検索エンジンのシステムがどう変わろうと、挙げられた3つの要素を守れば「恐ろしい」と感じなくても済むはずです。
訪問者にとってプラスとなる変化ならば、私は時間と労力をかけます。

なによりも、内容の充実化を図っても、デザイン、ユーザビリティをどれだけ向上させても、検索エンジン上位に表示されるのは内容も無い、読みにくいSEOスパムサイトだらけ、なんて事になるのが一番恐ろしい。

前後の記事

最近の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/tb.php/696-71502e80

SEO対策?
いつも隠れてみているbonkさんの所でSEO対策についての記事を読んで「自分には関係ない話?ところでSEOってなに?」と言う感じで読んでいたんですが、確かにブログで生計を立てていると言うならそう

コメント

BY pino AT 2005/10/20 edit this comment
同感で御座います。これからはseo=スパムな予感(実際は既に始まっている)。特に整理されていない不自然なディレクトリ構造は評価が下がる予感です。私も内容の充実と、使いやすく適切に整理された構成が重要な時代だと思います。というか本質に戻るだけですね。
BY bonk AT 2005/10/21 edit this comment
こんばんは。
「SEO=スパム」という式が成り立つのかどうかは分からないですが、将来スパム扱いとなるSEOの幅が広がるような気がします。
まず人が見る事を考え、次にロボットを見る流れが当然なのに、逆に考えるのは、pinoさんの仰るように、「本質」から外れていますよね。
BY 有希之武 AT 2005/10/22 edit this comment
bonkさんこんにちは。
あまりコメントしない私ですが、SEOについて自分なりの意見を
書いてみたくなりトラバさせて頂きました。
私自身も検索エンジンとか言うよりもやるべき事が有るだろうって
所が多いですよね。
確かに多くの方に見て貰いたいと言う気持ちは分かりますが
ただ検索に頼る事は本末転倒と言う気がします。
SEO=スパムと言う見方も確かに出来ますね。
検索で始めに出てくるのは、ほとんどが商業的なモノや
何の役にも立たない情報が多い状況。
一番重要なのは、一度見たらもう一度見たいブログ、サイトじゃないでしょうか。
そう言う事をまず始めに考えてみる。
pinoさんが言うように本質を忘れていると言えるのがSEO対策に追われる人たちなのだと感じています。
BY bonk AT 2005/10/22 edit this comment
検索で上位に表示されるサイトで、読みにくくて、内容も薄いサイトに限ってSEOについては凄く手のこんだ事をしているのを時折見かけます。
利用者としては、SEOよりも読みやすさ、内容の充実を図って頂きたいものです。
以前、「FC2ブログとSEO」という記事で、あるSEOのサイトからトラックバックが送られてきましたが、リンク先はサイトのトップページ、もちろん参照も何もされていない、ただの検索(迷惑)トラックバックでした。今も残しています。
個人で上位に表示される為に工夫をするのはいいですが、他人へ迷惑トラックバックを送信して上位に表示させるのはおかしいのではないかと。しかも送信元はSEO関連サイト。
有希之武さんが記事で書かれているように、一度見に来た人が再び訪れたくなるような形の工夫をしてもらいたいものです。SEO=悪いとは全く思いませんが、SEOというものがある事で悪くなるサイトが発生する今の現状は嬉しくありません。
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。