スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

管理者にだけ表示を許可する

エントリーNoが抜け抜けだと完全な復帰は出来ないか

システムの障害や自分のミスか何かでもしも全エントリーが消えてしまった場合。FC2にお願いして復帰出来る場合がありますが(以前朝起きると全エントリーが消えていたので問い合わせすると数十分で回復しました)、FC2はデータはユーザーが保存しているものとし、データのバックアップは保障されていません。

免責事項についてユーザーは自己の責任において、自己の作成したデータ全てを保存するものとします。FC2BLOGサーバーは、ユーザーのデータの保存を保証しないものとし、ユーザーはFC2BLOGに対して本サービスで保存するデータの消失に対する損害や責任について一切を免責するものとします。

この為ユーザーは定期的にバックアップを行っておく必要があります。私は1ヶ月毎くらいにバックアップをとっていますが、もしも全エントリーが消えてしまってこのブログにインポートを行ったとしても、完全な復帰は望めません。

このブログのエントリーNo.は抜け抜けになっている部分があります。例えば、

この二つのエントリーの間にあるべきentryNo.760は存在しません。公開される筈であったNo.760は下書きのまま放置され、結局表に出ないまま消されてしまったからです。こうなると厄介なのがバックアップをとっておいたログをインポートする場合。ログにはエントリーNo.情報が記述されませんので現在のentryNo.761は760に繰り上がり、その後に公開したエントリーもどんどんズレていきます。

他のサイトでリンクされていたエントリーへのリンクは別のエントリーへ飛んでしまったり、他にも様々な弊害が出てくる筈です。No.が抜けてしまった時点から、もはやパーマリンク(永続的なリンク、リンク先情報が変わらないリンク)はパーマネントではない。従ってこの記事はパーマリンクではなく、セミ・パーマリンク(半永久的)と呼んだ方が最適かもしれません。

エントリーが抜け抜けになってしまうパターンとして、過去ログを削除した場合や、下書きのまま削除した場合など。(他にもパターンがあるかもしれません)出来るだけエントリーNo.を抜く事をしない事が良いとは思いますが、なかなかそうはいきません。

そこで、便利なのがHarukiya ArchivesFxcel2です。全エントリー表示用のテンプレートなのですが、何と全エントリーのNoやタイトルをCSV出力が出来るのです。CSV出力して保存しておくと、エクセルなど、CSVに対応するソフトで読み込む事が可能。

もしもの時は、このCSVデータと照らし合わせてログを修正可能(かなり手間がかかりそうですが)です。今の内に、ログのバックアップだけではなくCSVとして情報を保存しておいてはいかがでしょうか。

このブログでFxcel2を見る - エントリーが多すぎてCSV出力完了まで時間がかかりますね…。

前後の記事

最近の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/tb.php/780-00eb7964


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。