スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

管理者にだけ表示を許可する

多角的「広告」分析調査

アフィリエイト広告を掲載しているという事は、人によって目標とする額は違えど、もちろん報酬を期待しているという事だと思います。そして報酬を期待しているのであれば、表示回数あたりのクリック数、売り上げ、登録数などしっかりデータをとる事がどれだけ大事かという事を先日改めて実感しました。

上の表は私の運営している物販系アフィリエイトサイトのある掲載場所での測定結果です。サイト毎にデータをとられる方、広告別にデータをとられる方などいろいろおられると思いますが、私はサイト毎の掲載場所別に測定しています。表では分かりにくいですが、クリック数は400→4500と、10倍になりました。

表示回数の割に収益額が思うように上がらず、いろんな広告を試している内に出合った広告が訪問者のニーズとマッチしたのか、クリック数、報酬額ともに一気に増えました。私に「サイトと絶対マッチする広告」を見極める能力があれば良いのですが、残念ながらそういった能力は持っていませんので、データで勝負となったのは必然。クリック数、収益額の低い広告をバッサリ切って次々と広告を変えていくうちにいずれは出会う広告だったでしょう。現在は訪問者の主要検索エンジンの割合が変わり、訪問者の傾向が変わったのか、クリック数・報酬額が減少しはじめ、今また改めてデータをとりなおしています。

どのサイトでも必ず高収益を生み出す広告というのはなかなかありません。しかし、どんなサイトでも必ずぴたっとマッチする広告というのはある筈です。決してクリックされない広告を大量に貼り付ける事も少なくなると思いますし、たとえアクセス数の少ないサイトでも、切れ味の良い広告さえ見つかれば収入アップは期待出来ると思います。

アフィリエイトでの成功には才能が必要、と言われる事もありますが、私のように商才の無い方は、こういった所から斬りこんでみてはいかがでしょうか。

前後の記事

最近の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/tb.php/806-33cb6f35


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。