スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

管理者にだけ表示を許可する

FC2ブログ + Amazon

この度Amazonアソシエイト機能に対応いたしました。

この機能はAmazon.co.jpのウェブサービス機能を使用して簡単に下記のような商品情報を掲載することができ、 またマイブログ経由で商品が売れた場合に一定の報酬を得ることができます。

Webサービスとは

Amazonがwebサービスで商品データの利用を開発者向けに提供しているのはよく知られています。AmazonWebサービスを利用する事によりAmazonの膨大な商品の中から任意の条件(キーワードやカテゴリなど)から商品をごく簡単なコードで抜き出す事が出来ますし、xsltという、「xml文章のスタイルシート」とも呼ばれる言語と併せて利用する事によりhtmlに変換する事が可能。

で、今回FC2インフォメーションで書かれているウェブサービス機能を使用というのは、このサービスを使って管理者ページからキーワードを入力し、商品を表示、掲載したい商品に書かれている「この商品で記事を書く」のリンクをクリックすればAmazonのアフィリエイトタグ付きの記事作成画面が表示されるというもの。

表示されるリンクのタイトル部分には
http://blog.fc2.com/item/ASIN番号/アソシエイトID
と、その商品のFC2個別商品ページへのリンクが付け加えられる。

FC2の個別商品ページへリンクされる

このツールを利用して商品掲載をしたと同時にFC2の個別商品ページにもリンクをする事になるので物議をかもしそうですが、掲載したブログからFC2の個別商品ページに移動しても、きちんとIDが付けられているので購入されればブログ運営者の報酬という事になります。恐らく問題視されるのは検索エンジンに関する事で、リンクを多く受けたページは検索結果上位に表示されるという検索エンジンの特性上、商品を掲載してもFC2の個別ページが上に来る、という事かもしれません。

マイリストでレビューを書くと

その代わり、個別ページにはマイリストで書いたレビューとレビューを書いたユーザーのブログURLが掲載されます。より多くのブログからリンクされたページにレビューを書くとリンクポピュラリティーの高いページからリンクされる事になるので、マイリストでレビューを書く専門のユーザーか現れるかもしれませんね。

それで、記事に商品を掲載するユーザーは訪問者をFC2の個別商品ページに誘導し、レビューを見て商品を購入という、この仕組みが上手く利用されるといいのですが、リンクポピュラリティー目当てにコピペのレビューを大量に掲載するユーザーが現れないとは言い切れません。こうなれば得をするのはレビューライターと、FC2で、損というか、どうも他人に貢献してるだけだと思うのはツールを利用して記事に商品を掲載するユーザーになるでしょうね。

ただAmazonの商品を掲載するだけであれば流通しているAmazonアソシエイトツールから気に入ったものを利用すれば良いと思いますが、上に挙げた、FC2ブロガーだからこそ可能な機能も併せ持っています。とても面白い仕組みですが、実際に多くのユーザーがしばらく利用してみないとどうなるかは分かりませんね。

関連ページ

前後の記事

最近の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/tb.php/808-b49b5485


コメント

BY 山口 幸子 AT 2011/03/12 edit this comment
世界有名なプランドを激安に販売しています。
激安.財布、バーク大特価です。
日本的な人気と信頼を得ています。
激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商品情報HPはこちら!!ご来店ください!定期に新しい商品を更新しています。品質はよいです。
日本では手に入らない商品も、こちらから卸売りします。
価格、品質、自信のある商品を取り揃えておりますので、早番に配送します。
当店の主要な経営のブランド: ルイヴィトン、シャネル、グッチ、コーチ、ロレックス、プラダ、 ディオール、ブルガリバッグ、財布、腕時計。
URL: http://www.buy-brand-online.com
連絡先:buybrandonline@yahoo.co.jp
店長: 山口 幸子
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。