スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後の記事

最近の記事

管理者にだけ表示を許可する

パスワードをクラックしてみませんか?

ノルウェーの文化保護教育センターのイーバー・オーセン言語文化センター(Ivar Aasen Center for Language and Culture)が、世界中の善意あるクラッカーにデータベースのパスワードをクラックしてくれるようにお願いしたときの言葉。

なんでも、11,000冊以上のデジタル書誌資料をデータベースに保存した書籍担当者が亡くなってしまい、パスワード保護されたデータベースに誰もアクセスする事が出来なくなったそうです。

そこで善意のあるハッカーにクラックをお願いしたという話。100名以上から情報が寄せられて、見事解読に成功。一件落着。

英語ではクラックの事を「Brute Force Attack」=総当り攻撃と言って、強引にパスワードを解読する暴力的な行為とされますが、今回の場合は暴力的でなく、善意のある総当り攻撃。

という事で関連記事。

今回の記事のような技術を使った、「忘れたパスワード解読します」といった業種、ありそうでないですね。…あっても困りますが。

前後の記事

最近の記事

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://fc2blogshop.blog13.fc2.com/tb.php/824-9da15177


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。